So-net無料ブログ作成
検索選択

沖縄県、ベンチャー育成へ最大1億円を補助

俳優の岡田将生と人気子役の加藤清史郎が、ビタミン補給

飲料『ビタミンウォーター』(サントリー)のCMで競演

することが決まったそうです。

同商品の新CMキャラクターに起用された岡田が演じるのは、

存在感があまりにも無く徐々に透明人間のように体が透けて

いってしまう20歳の大学生ということで、そんなCMについて

岡田君は「僕にぴったり」とコメントし、笑いを誘っていた

のだとか。いやいや、こんな男前で存在感がないなんてことは

ありえませんよ。

さて、そんな岡田の少年時代(8歳)を演じるのは、もはや

国民的愛され子役の加藤君。

このCMでも、かなり、可愛らしく演じているそうですよ。



CMは、一体どんなストーリーになっているのでしょうか。



祖母が横になっている布団のそばで正座している“岡田少年”

は、祖母の「ビタミンウォーターを切らすと……存在感が

薄くなるんだよ」という言葉に不思議そうな表情を浮かべる。

時は経ち、20歳の“岡田青年”はどうやら存在感が希薄なようで、

隣の友人に存在を気付かれなかったり、待ち合わせ場所でも

気付かれない、挙句の果てには後ろを通るウェイトレスにトレイ

を後頭部にぶつけられる……次第に“存在感”だけでなく体の

輪郭までもが薄くなってきて、ついには半透明の姿に!!!

……そんな時、祖母の言葉を思い出してこのビタミンウォーター

を飲むと、どこからともなく風が吹き、輝くオーラを放つ存在感

“抜群”の姿に変身するのだった……!



というのがCMのストーリーみたいです。

コミカルで可愛らしいですね。加藤君のぽかんとした表情、

想像するだけで癒されます。



加藤君は「正座は慣れているんですけど、今日みたいに20〜30分

ぐらい続けるとピリピリきちゃいました」と長時間にわたる正座

シーンに苦戦した様子で、最初は頑張ってこらえていたものの、

撮影も後半になると「しびれた〜」と足を崩すなど、可愛らしい

笑顔で現場を和ませていたそうです。



可愛いですね。今から見るのが楽しみで仕方ありません。






【関連ニュース



Yahoo!ニュースURL


イザ!ニュースURL


ライブドアニュースURL


シネマトゥデイニュースURL




----------PR----------


税理士事務所 経理 千葉市 花見川区


相続税 申告 千葉市 花見川区


独立起業 資金 千葉市 花見川区


鍼灸院 開業 千葉市 花見川区


書籍出版サポート


インプルーブ


日経225ミニ 自動売買 作成


iPhone 3GS 活用


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。